ホノカアボーイ

ホノカアボーイ

レオ(岡田将生)はハワイ島の北部の町「ホノカア」で、映画館の助手として働きながら暮らしはじめる。
ある日、レオは街で一番のいたずら好きなばあさん、ビー(倍賞千恵子)と出会う。ビーは料理が得意で、レオに毎日家に来て晩ごはんを食べなさいと言う。
ビーはレオの存在が嬉しかった。猫にしか作っていなかったごはんを、レオに作れる喜びと、家族のように毎日過ごせる相手だったから。
ビーは毎日をレオとふたりで生きることを喜んでいた。
そんなある日、レオは知り合った女の子マライア(長谷川潤)をビーの家へと招待した。
そこでごはんを食べるのだか、それが大きな事件となってしまって。。。
→「ホノカアボーイ」オフィシャルサイト


「ホノカアボーイ」映画予告編

ハワイ島の北にある「ホノカア」。
ゆっくりと流れる毎日に、おいしいごはんといつも笑顔の人たち。
この映画を観ると、自分がいかにぎすぎすとした空気の中で生きているかがわかる。

とにかく、この街の人すべてが大らかで優しくて、いつも笑顔で過ごしているんです。
それがとても羨ましく思えました。
若者は少ないし、街っていったってシャレた店なんてありっこない。
娯楽といえば、家族で経営している映画館くらいなもの。
それでも街の人たちは何不自由なく、毎日毎日を自分らしく楽しく過ごしている。
物や情報は少ないけれど、人との係わり合いがそこにはあって、都会にはないあたたかさがこの街には溢れているような気がします。

ビーは毎日違うレシピでレオを迎えるんです。
そしてレオが撮るビーの料理の写真が、日ごと増えていくんですね。
料理のレパートリーの多さがすごいとかいうよりも、それはレオとビーの過ごした時間の証で、とても素敵な関係だなぁと思いました。

ビーは、何かの説明や自分の想いとかも、言葉すくなにポンッとひとことふたことで済ませてしまうんです。
そのひとことがとても深くって。
おちゃめな人だなぁって思う反面、たまに垣間見える哀愁を感じてしまいました。

そして見どころのひとつが映像美。
ハワイだけあって、突き抜けるような青い空に青い海。
街並も、ものさびしいわりには味があってとってもデザインチック。
家のインテリアも凝っていて、食器とか家具とかとてもオシャレ。
美しい映像を撮るためにこだわり抜かれたディテールのクオリティの高さがとても嬉しかったです。

岡田将生はこういったナチュラルなストーリーがぴったりハマる役者ですね。
共演したベテラン大女優ふたり、倍賞千恵子と松坂慶子との息もぴったりで違和感なく見れました。

今だからこそ演じることができる役ってあると思うんだけれど、岡田将生はまさに今がその時。
その初々しさや素直さは、年を重ねたり、役者の経験値があがるたびに薄れていく。いや、そうなるのが当然。それが成長。
でも、今のまんまの岡田将生をもう少し見続けていたいです。

関連記事

岡田将生出演作品
→ ハルフウェイ

RELEASE INFO
ホノカアボーイ
ホノカアボーイ【DVD】
出演:岡田将生・倍賞千恵子・長谷川潤
監督:真田敦
3,651円
Amazonで詳しく見る

pagetop