シンプルに生きる 変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

シンプルに生きる 変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

フランスで40万部を売り上げたベストセラー。
筆者のドミニック・ローホーは、フランスに生まれのフランス育ち。
パリのソルボンヌ大学を卒業後、アメリカと日本の大学で教鞭を取る。
イメージコンサルタント、ヨーガ、墨絵を学び、名古屋の愛知尼僧堂と呼ばれる禅寺に6週間篭り、曹洞禅をも学ぶ。
特定の宗教や哲学に傾倒することなく、自由・美・調和を価値観として捉えたシンプル主義を訴えた著書は、ヨーロッパ各国でベストセラーとなっている。

「シンプルに生きる」とても素敵な言葉だと思いませんか?
情報や物に溢れる現代社会―。
とにかくたくさんの情報と物を鎧のようにして身を固めて生きている人が多いですが、
洗練されたシンプルライフが一番素敵だと思います。

物との付き合い方にはじまり、
インテンリアやファッションのこと、
時間の使い方、お金の管理、美容、食事、人付き合いと、
すべてをシンプルにして洗練された生き方にする方法が、実に明確に書かれています。
この中で、共感するものだけでもピックアップして実践すれば、
少しはムダな脂肪を落とせるかもしれませんね。

自分が特に共感できたのは、
インテリアのことと、人付き合いのこと。
寛ぎのスペースである部屋はなるべく物を置かずにシンプルにしているのですが、
それ以外にもやっておくといいことが書いてあって、やってみようと思いましたし、
人付き合いがうまくできているのかいつも不安な自分としては、
この本を読んでとても心安らかになれた気がします。

なんとなくここまで生きてきた、という方。
この本を読んで、一度自分の生き方を見つめなおしてはいかがでしょうか。

RELEASE INFO
シンプルに生きる 変哲のないものに喜びをみつけ、味わう
シンプルに生きる
ドミニック・ローホー
1,000円
Amazonで詳しく見る
関連記事

「30代」で何を考え、どう行動すべきかについて55の具体例を挙げる。
→『30代でやっておきたいこと』

ナガオカケンメイが思いつき、書きとめたこの「ナガオカケンメイの考え」には仕事や生き方へのヒントが。
→『ナガオカケンメイの考え』

島田紳助による特別講義、自分を冷静に分析しプロデュースする方法。
→『自己プロデュース力』

pagetop