疾風ガール

疾風ガール 誉田哲也

魅力的なルックスと天才的音楽センスを兼ね備える柏木夏美19歳。
人気上昇中のロックバンド”ペルソナ・パラノイア”のギタリストとしてメジャーデビューも目前に、敬愛するボーカルの木戸薫が自殺してしまう。
自殺の理由もわからない中、わかったのは彼の名前が偽名だったことだった。彼は一体どこの誰だったのか。そして自殺の理由とは?
そして夏美の音楽センスに惚れて、どうにか自分のプロダクションからデビューをさせたいと夏美にしつこく付きまとう宮原祐司。
いつしか夏美に取り込まれ、一緒に薫の真実の姿を探るための旅に出ることになってしまう。

主人公の女の子もそうだけど、ストーリー展開も疾風の如くナリ。
セリフのテンポ、場面展開の早さ、ほんとに小気味よくて読みやすい。
しかも小説では表現が難しい音楽をテーマにしてるんだけれど、メロディこそ伝わらないけれども、バンドが奏でる熱というか雰囲気というか、そんなもんがビシビシと伝わる文章に引き込まれてしまいます。

正直、想像していたストーリーとは違ったんですね。
”青春小説”って帯に書いてるから、音楽をテーマにした青くさい純粋青春小説かと。
でも全然違うくて、主人公の夏美と、夏美を自分のところからデビューさせたいと付きまとう祐司のデコボココンビが織り成すコメディちっくなエンタテインメント小説でした。
すんごい赤川次郎っぽいです。
なので、超読みやすい。スラスラ~という感じで。

やっぱり誉田哲也作品は楽しくていいですね。このひとことに尽きます。

関連記事

誉田哲也作品のレビュー
→武士道シックスティーン
→武士道セブンティーン
→武士道エイティーン
→武士道シックスティーン 映画予告

RELEASE INFO

pagetop