小太郎の左腕

小太郎の左腕 和田竜

時代は群雄割拠する戦国の世。
隣国同士の戸沢家と児玉家は、覇権争いの戦を繰り返していた。
そんな折、猟師として静かに暮らしていた小太郎と祖父の要蔵は、戸沢家の猛将で名高い、林半右衛門を敵の手からかくまったことから、定期的に行われる鉄砲試合に出られる約束をした。
後に両家に大きな影響を与えることになる、少年小太郎が左構えの銃を手にした瞬間、世界は変わる。
のぼうの城」で大ブレイクした和田竜が放つ時代小説シリーズ「小太郎の左腕」。

痛快時代小説を描く和田竜の第3作「小太郎の左腕」は、お薦めせずにはいられないほどの傑作でした。
種子島(火縄銃)に物語の焦点をあてたところに、他にはない斬新な時代小説が出来たと思います。

主人公は小太郎という少年なのですが、林半右衛門という猛将に物語が偏ってしまっているのでは?と思うところありで、もっと小太郎の左腕をとりまく物語を展開してほしかったという気持ちはありますが、それでも充分面白いです。

今回の作品は、当時はこうだった、みたいな実際その時代の常識やルールみたいなことの説明も挿入されているので、その知識を知るだけでもなんか得した気分になります。
大抵の時代小説は、現代人が理解しやすい内容にするために、理解しがたい史実は描かれていないことが多いのですが、筆者の和田竜はそこにこだわりを持って描いているみたいで、部分部分にその時代のリアルを感じられて、とってもおもしろいです。

そして今回も、敵にも味方にも武士道・男道を貫かんとする人物が物語を彩り、感動を誘います。
今回もまた和田節炸裂です。

映画化されたら、小太郎の役は、グリシュンかマツケンサンバでしょうね(小栗旬と松山ケンイチのことです)。

関連記事

石田三成率いるニ万の軍勢に対し、味方の軍は小さな城に籠もる二千の兵のみ。この状況で戦うと言い出した「のぼう様」の思惑とは。。。
→ のぼうの城

忍びの国伊賀を織田信長の軍が襲う。忍びたちは結束してこれに立ち向かう壮絶な戦い絵巻!
→ 忍びの国

RELEASE INFO

pagetop