銀河鉄道の夜 宮沢賢治×清川あさみ

銀河鉄道の夜 宮沢賢治×清川あさみ

「銀河鉄道の夜」が、清川あさみの手によって絵本化!
宮沢賢治が言葉で紡ぎだした独特な世界観を、針や糸、ビーズなどの刺繍を使ったビジュアルで見事に表現。
キラキラとしたビーズや糸は、まさに光り輝く宇宙を描き出し、見る者の瞳に入り込んでいく。
子供ならずとも、大人にも読んでほしい珠玉の一冊です。

宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」を、今をときめくアーティスト清川あさみが絵を手がけ、とても美しい絵本になりました!
清川あさみの、刺繍で織り成す絵本のビジュアルは圧巻!

すごいですねー、清川あさみさん。
もう「すごい!」のひとことです。大好きです、この世界観、センス、繊細なビジュアル。
彼女の作品を初めて見たのはかなり前ですが、そのときに一目でファンになりましたもん。
だって、刺繍で作り出すこのキラキラとしたファンタジックな世界観って、今まで見たことなかったからすごく衝撃的で。

そして、この本のずるいとこは、帯書きが宮﨑あおいちゃんなんですよ。
ずるいっしょ?
宮沢賢治×清川あさみ×宮﨑あおい。
絶対売れますやんけ、このコラボ。

宮沢賢治も好きで、「銀河鉄道の夜」は小説で読みましたが、たしかに絵本にはもってこいの内容。
次から次と、読み手の想像力を掻きたてる場面が出てくるわけです。登場するキャラクターたちもそう。非現実的ワールド。
そんな独特な世界はビジュアルとして「見る」のではなく、自分なりに頭で想像した映像で読むというのがよかったりする作品だと思っていて、あえてこの作品の絵本化は反対みたいなところがあったんですが、清川あさみさんにかかればそんなこともふっとんでしまい。。。
とても素晴らしい。
この絵本を読んだ子供はいいなぁと思います。

「銀河鉄道の夜」という作品は、ただ美しいだけでなく、奇妙であったり、どこか不気味であったりといろんな感情が織り込まれた作品だと思います。
その場面場面にふさわしい世界感を、絵として見事に表現できている素晴らしい絵本だと思います。

RELEASE INFO
銀河鉄道の夜 宮沢賢治×清川あさみ
銀河鉄道の夜
宮沢賢治
絵:清川あさみ
1,890円
Amazonで詳しく見る
幸せな王子 清川あさみ
幸せな王子
著:オスカー・ワイルド
絵:清川 あさみ
写真:今井 智己
翻訳:金原 瑞人
1,680円
Amazonで詳しく見る
人魚姫 清川あさみ
人魚姫
著:アンデルセン
絵:清川 あさみ
写真:鈴木 理策
翻訳:金原 瑞人
2,100円
Amazonで詳しく見る

pagetop