忍びの国 和田竜

忍びの国 和田竜

織田信長の三男・信雄は、忍びの国である伊賀を滅ぼさんと、大軍をもって攻めた。
伊賀の国では毎日のように派閥争いで忍び同士で殺し合いが行われていたが、織田の軍勢から伊賀の国を守るために結束する。
その中に、腕はいいが金でしか動かない無門(むもん)という忍びの男がいた。
圧倒的な織田の軍勢に逃げようとする無門だったが、さらってきた武家の娘お国に叱咤され、渋々戦いに挑むことになる。
そしてその戦いの場には「天正伊賀の乱」に導く謀略が張り巡らされていた。。。

「のぼうの城」で大ブレイクした和田竜が描く、奇想天外歴史エンターテインメント作品。
忍者の素早い動きと、間に間に見せる権謀術数を見事に文章で表現していて、文字を追う目がまったく止まりません!

なんといっても、忍びの戦いのシーンは必読です。
忍びの早い動きを、まるでスローモーションの映像を見ているかのように文章が流れていく。
目で文字を追うたびに頭の中で忍者が右へ左へ飛び交う姿が描かれるんです。

忍びだけではなく、織田の軍にいる猛将・日置大膳(へきたいぜん)の豪快な戦闘シーンも見どころのひとつ。
そして、和田竜独特の歴史小説の難しい文章表現を読みやすく整理されているのはとても好感。
忍者には興味あるけれど、歴史の文章を読むのが苦手。。。という人にも読みやすいピッタシBookです。

関連記事

少年が左構えの銃を持つ瞬間、世界は変わる。痛快戦国エンタテインメント小説。
→ 小太郎の左腕

石田三成率いるニ万の軍勢に対し、味方の軍は小さな城に籠もる二千の兵のみ。この状況で戦うと言い出した「のぼう様」の思惑とは。。。
→ のぼうの城

RELEASE INFO

pagetop