火天の城

火天の城

天下人・織田信長は、天にそびえる五重の天主を建てよと、宮大工の棟梁、岡部又右衛門に命じた。
前代未聞の巨大な建築は、誰も作ったことも見たこともない壮大な計画だった。
しかも期限はわずか3年間。
腕に覚えのあるものから見習い大工まで、集った何万人もの職人たちが悪戦苦闘しながら城を建てていく。

→「火天の城」(Amazon)

あの幻の巨城「安土城」の築城までの物語を、大工の目線で書き上げた今までにない時代小説。
見たことがないのに、思い浮かぶその壮大な光景がとても楽しい感覚でたまらないです。

職人の匠の技、意地が見事な描写で書かれています。
まさに職人とは、お金や地位を目指してやっているのではなく、魂の叫びでやっているんだなって思いました。
これを読むと自分がやっている仕事なんて甘っちょろく感じてしまいます。

見どころは、信長に次から次と出される無理難題を、大工の棟梁親子がどう応えていくか。
職人の心意気がぶつかりあって最高の物が生まれていくというストーリーは、読んでいて熱いものが込み上げてきます。

そういえば、映画化も決まっていましたね。
→映画「火天の城」オフィシャルサイト

安土城って、ほんと特別な城なんですよね。
今までの築城の意味って、領地を守ったり、敵を攻めるための最前線基地という目的なんですが、この安土城はそうではなく、政令都市のシンボルとして作られた城なんですよね。
だから、城下には民が住み、商人が出入りして楽市楽座ができる。
戦国時代には新しい町づくりのかたちとして作られたのが、この安土城だと思います。

ただもったいないのが、城が出来てその次の年には織田信長は本能寺で死に、安土城は戦火で焼き落ちてしまうんですね。
もしあのまま信長が永らえていたら、今の滋賀県は単なる県で終わらなかったはず。。。

関連記事

石田三成率いる二万の軍に、たった二千の兵で挑む忍城城主・成田長親ら男たちの傑作時代劇!
→ のぼうの城

RELEASE INFO

pagetop