のぼうの城

のぼうの城

関東制圧に乗り出した秀吉は、石田三成に武州「忍城(おしじょう)を攻め落とすよう指示をする。忍城は周囲を湖で囲まれた城で地の利は良いが、わずか二千の兵力しか備えていない小大名の城に過ぎなかった。かたや三成は二万の軍勢で忍城に襲いかかる。
忍城には「のぼう様」と領民から慕われる総大将・成田長親がいたが、この男、残念ながら智勇ともに劣るでくのぼうであった。
しかし、この男の「人気」が絶対的な運命を大きく変えることになる。

これは新しい時代小説か?
まるで水滸伝や三国志を見ているかのような爽快感と、誰が読んでも楽しめる文章の読みやすさと面白さがあるんです!

敵は二万。そして大将は秀吉の懐刀、石田三成。
それに比べ、自陣は小さい城に二千の兵しかいない。
戦う前に降伏ムードの城内だったが、普段はぼーっとしていて全く頼りない「のぼう様」と呼ばれる成田長親が、何を思ったか「戦う」と言い出した。

そんな長親を、猛将・正木丹波(まさきたんば)や柴崎和泉守(しばさきいずみのかみ)、その智を買われ若くして家老の酒巻靭負(さかまきゆきえ)が支え、獅子奮迅の働きぶりを見せるところが見どころ。

まず、歴史小説や時代小説は難しくて苦手。。。という人に是非読んでいただきたい。
というのは、本当に読みやすいんです。
文章が硬くなく、歴史小説独特の難しい言葉はほとんど出てきません。
現代の言葉で時代を描く、新しい時代小説だと思います。

それに加えて、本当にストーリーがわかりやすくてユニーク。
まるで映画を観ているように映像がイメージできるし、登場するキャラクターも、誰が悪とかではなく全員が魅力的に描かれています。
男同士の熱い想いや、敵ながらも認める男気なんかも強く伝わってきて、青空を仰ぐような爽快感を覚えます。

恋愛小説やミステリーばかり読んでいて、違うジャンルも読んでみたいかもと思ったらこの本がオススメですよ!

関連記事

少年が左構えの銃を持つ瞬間、世界は変わる。痛快戦国エンタテインメント小説。
→ 小太郎の左腕

忍びの国伊賀を織田信長の軍が襲う。忍びたちは結束してこれに立ち向かう壮絶な戦い絵巻!
→ 忍びの国

RELEASE INFO

pagetop